【体験レビュー】パールクチュールの効果

パールクチュールと私

パールクチュールの使い方

パールクチュールの使い方!正しい使用方法で歯を真っ白に

更新日:

今回は、パールクチュールの使い方を紹介します。

ホワイトニング歯磨き粉は、正しい使い方をしないと効果が現れません。

継続して使い続けているにも関わらず、歯が白くならない人は、「使い方が間違っている」可能性があります。

正しい使い方をマスターして、自宅で手軽に歯を白くしましょう。

パールクチュールの正しい使い方

まず、パールクチュール の正しい使い方を紹介します。

パールクチュールを使う時は、以下のステップで歯を磨いてください。

  1. 歯ブラシに何もつけないまま全体を磨く
  2. 歯ブラシ部分全体に歯磨き粉を付ける
  3. じっくり丁寧に全体を磨く
  4. 仕上げとして水で軽くすすぐ

1、歯ブラシに何もつけないまま全体を磨く

まず、パールクチュール(歯磨き粉)を付けずに、歯ブラシのみで歯を磨いてください。

念入りに磨く必要はありません。

歯の表面に付着した汚れを事前に落としておくことで、ホワイトニング効果が現れやすくなります。

磨き終わったら、軽く口をゆすいでください。

2、歯ブラシ部分全体に歯磨き粉を付ける

全体を磨き終わったら、次にパールクチュールを使用します。

1回の歯磨きに使う量は「約0.5g(1cm)」です。

歯磨き粉の量

1回に使う量が多すぎても少なすぎても効果が半減します。

適切な量を使用するようにしてください。

3、じっくり丁寧に全体を磨く

パールクチュールの成分が、全ての歯に行き渡るようにイメージしながら磨いてください。

永久歯(28本)の前後、歯と歯の間(歯間)に磨き残しがないように、丁寧に磨くことがポイントです。

10分以上、時間をかけてしっかりと磨きましょう。

4、仕上げとして水で軽くすすぐ

最後に水で軽くすすいで完了です。

注意点は、水ですすぎ過ぎないこと。

歯磨き後に、何度も水ですすぐ人がいますが、パールクチュールには、歯の表面をコーティングして、着色を防止する成分も含まれています。

必要以上に口をゆすいでしまうと、大事な成分も一緒に流れ落ちてしまいます。

口をゆすぐ回数は、2-3回程度に抑えましょう。

パールクチュールの使い方に関する注意点

次にパールクチュールの使用する際に、注意したいポイントがあります。

間違った使い方をしないように、確認しておきましょう。

1日2回使用する

パールクチュールの使用回数は1日2回です。

1日1回では、歯が白くなるまでに時間がかかってしまいます。

逆に1日3回では、ブラッシングにより、歯を傷つけてしまう恐れがあります。

1日2回がベストなので、食後(朝と夜、昼と夜など)に磨くようにしてください。

強く磨き過ぎない

エナメル質や歯茎を傷つけないためにも、優しく丁寧にブラッシングしましょう。

ほとんど力を入れず、ブラシを歯に当てて、こすり合わせるくらいで大丈夫です。

歯を磨いている時に「ゴシゴシ」と音が聞こえるのは、力を入れ過ぎです。

ブラッシング中に、音が聞こえないくらい優しく磨きましょう。

泡立て過ぎない

パールクチュールはあまり泡立ちが良くないため、使用していると物足りなさを感じることがあります。

ですが、泡立ちが悪いからといって、大量に付けても効果はありません。

本来の歯磨きは、歯磨き粉を使用しない(歯磨き粉を付けない)方がいいと言われています。

ただ、ホワイトニングの場合は、ホワイトニング成分が含まれた歯磨き粉を使わないと歯が白くなりません。

「泡立ちが良い=良い歯磨き粉」ではありませんので、注意してください。

歯ブラシは細かく動かす

ブラッシングは、前後に大きく動かすよりも、小刻みに動かしましょう。

なぜなら、歯磨きの基本は1本1本丁寧に磨くことだからです。

歯肉をマッサージするイメージで、2~3mm程度細かく小刻みに動かしてください。

歯ブラシを定期的に交換する

歯ブラシの毛先がヘッドの台座よりはみ出したら交換してください。

歯ブラシの選び方は「こちら」を参考にしてください。

食後30分以内に歯を磨く

歯ブラシは、食後30分以内を目安に行ってください。

ただし、酸蝕症(さんしょくしょう)で、歯のエナメル質が溶け出してしまう人は、食後よりも30分以上時間を置いてから磨くようにしてください。

まとめ

パールクチュールの使い方を紹介しました。

パールクチュールは、1日2回、食後に使用するようにしてください。

正しい使い方をしないと、ホワイトニング効果が現れにくいです。

少しでも歯を白くするためにも、正しい使用方法をマスターしましょう。

Copyright© パールクチュールと私 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.