【体験レビュー】パールクチュールの効果

パールクチュールと私

パールクチュールの副作用

パールクチュールの成分から安全性をチェック!副作用はない?

更新日:

「パールクチュールに副作用はないの?」
「安全性は大丈夫?」

パールクチュールを試してみたいけど、副作用や安全性が気になり、購入を躊躇している人もいるでしょう。

人体に害がないホワイトニング歯磨き粉で、歯を白くできたら嬉しいですよね。

今回は、パールクチュールに配合されている成分の安全性と副作用のリスクを紹介します。

副作用や安全性について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

パールクチュールは副作用の心配なし

パールクチュールには、副作用のリスクは一切ありません。

ホワイトニング歯磨き粉で懸念される副作用は「歯が弱くなる」「ボロボロになる」「もろくなる」といった症状です。

歯の状態が悪化すると、「知覚過敏」になり、歯ブラシの毛先や飲食物が歯に触れた時に痛みを感じやすくなります。

ホワイトニングによって、知覚過敏になる原因は「過酸化水素」という成分です。

過酸化水素を歯の表面に塗って漂白を行うと、歯の表面を削りすぎてしまいます。

ただし、過酸化水素は、専門家がいる歯医者やクリニックでの使用は許可されていますが、市販の歯磨き粉に入れることは、薬事法により禁止されています。参考元:東京都福祉保健局

パールクチュールにも過酸化水素は含まれていませんので、「歯が削れてしまう」「知覚過敏になる」といった副作用のリスクはありません。

ホワイトニング歯磨き粉で副作用の危険がある成分

過酸化水素水以外にも、ホワイトニングによって副作用が生じる危険がある成分があります。

成分 副作用
過酸化水素 高濃度な過酸化水素は、歯を削りすぎるリスクがあります。強力な漂白効果があるため、市販の歯磨き粉に使用することは、薬事法により禁止されています。
プロピレングリコール 口内をしっとりさせる保湿剤として活用される成分です。ただし、発ガン作用の副作用がある成分でもあります。
ラウリル硫酸ナトリウム 歯磨き粉の泡立ちを良くする成分です。ラウリル硫酸ナトリウムは、強力なタンパク質変性作用があり、口内で炎症を起こす副作用があります。
サッカリンナトリウム 味を調整するための成分です。過剰摂取すると、発ガン作用が高まるため、避けたい成分です。
水酸化アルミニウム 歯の表面を磨く研磨剤として活用されています。水酸化アルミニウムが含まれた歯磨き粉でを磨くと、必要以上に歯の表面を傷つけてしまいます。

パールクチュールには、上記の成分は一切含まれていません。

市販で格安なホワイトニング歯磨き粉には、副作用を伴う危険な成分が含まれている可能性がありますので、注意してください。

パールクチュールの成分と安全性

次にパールクチュールに配合されている全成分、安全性、効果をそれぞれ紹介します。

安全性に関しては、5段階評価しています。

星5に近いほど安全性が高い成分です。

カテゴリ 成分名 安全性 効果
水分 精製水 精製水は、さまざまな薬を溶かすために使用されます。飲用しても人体に害はありません。副作用のリスクも一切ありません。
薬用成分 ポリエチレングリコール400 歯を傷つけずに、ステイン(着色汚れ)などの色素系沈殿物を分解する作用があります。ホワイトニングに最も有効な成分の1つです。
薬用成分 β-グリチルレチン酸 マメ科の植物から抽出された成分です。歯茎を強くして、歯の白さをサポートしてくれます。また、歯周病から口臭予防までさまざまな作用がある薬用成分です。
湿潤剤 ソルビット液 ソルビット液とは、ブドウ糖を還元してできる糖アルコールのことです。歯磨き粉を粘性にする役割があります。
湿潤剤 濃グリセリン 歯みがき剤に潤いを与えます。湿潤剤がないと、パサパサした歯磨き粉になってしまいます。
清掃剤 無水ケイ酸 無水ケイ酸は研磨剤です。ただし、研磨剤にも強弱があります。パールクチュールに配合されている無水ケイ酸は、歯へのダメージを最小限に抑えつつ、ステイン除去をしてくれます。使用することによって、歯が削れてしまうことはありません。
清掃剤 ヒドロキシアパタイト 色素や細菌、臭いの吸着に効果があります。吸着性に優れた成分のため、タバコやヤニ、コーヒーなどの色素を吸着し、歯の汚れを取り除いてくれます。また、口内の細菌を減らしたり、口臭予防の効果もあります。
粘度調整剤 カルボキシメチルセルロースナトリウム 液体成分と粉末成分が分離するのを防ぎ、歯磨き粉に粘度感を与えてくれます。
粘度調整剤 イソプロピルメチルフェノール 歯肉炎、歯槽膿漏の予防効果があります。表面の汚れを洗浄し、健康な歯茎を実現してくれます。
発泡剤 ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液 歯磨き粉の泡立ちを適度にし、泡を滑らかにする役割があります。刺激が弱く、知覚過敏の人でも大丈夫です。
清掃助剤 ポリリン酸ナトリウム 歯の表面の色素を分解する作用があります。歯の表面をコーティングして、汚れや着色の予防効果もあります。
清掃助剤 メタリン酸ナトリウム 歯の表面と内側のステイン(汚れ)を除去する作用があります。また、着色も抑制してくれます。
清掃助剤 無水ピロリン酸ナトリウム エナメル質とステイン(汚れ)の隙間に入り、歯を傷つけることなく、汚れを落としてくれます。
洗浄剤 N-ラウロイル-L-グルタミン酸ナトリウム トウモロコシ由来のアミノ酸系の洗浄成分で、天然由来の成分です。着色汚れの除去をサポートしてくれます。
甘味剤 キシリット キシリトールは、天然素材の甘味料です。虫歯菌の数を減らす作用があり、虫歯の発生を防ぐ効果に繋がります。キシリトールを使用することで、30~80%虫歯の発生を防いでくれる検証結果もあります。
着色剤 酸化チタン 酸化チタンは、日光や蛍光灯に当たることで、ホワイトニング効果を引き上げてくれます。酸化チタンは食品にも入っているため、副作用の心配はありません。
安定剤 クエン酸ナトリウム 変質や変色を防いで品質を安定させる効果があります。クエン酸ナトリウムは、食品にも添加されており、比較的安全な安定剤です。
安定剤 スイカズラエキス スイカズエラという植物から抽出されたエキスです。歯の表面に付着して、歯ブラシだけでは落としにくい頑固な汚れを浮かび上がらせてくれます。
香味剤 I-メントール メントールには、抗菌効果があり、口中の菌を減らし、口臭を予防してくれます。口臭ケア製品(ガムやタブレット)にもよく使われています。
着香剤 香料 香りをつける成分です。パールクチュールは、柑橘系のさわやかな味がします。
溶剤 エタノール、無水エタノール 虫歯菌を殺菌する作用があります。
防腐剤 フェノキシエタノール 刺激の少ない防腐効果があり、製品の菌から守ります。

まとめ

パールクチュールは副作用のリスクがないホワイトニング歯磨き粉です。

歯磨き粉に入っている研磨剤を避ける人も多いですが、パールクチュールに配合されている研磨剤は、歯の表面を傷つけないように、歯の表面に付着した汚れを落とすことができます。

つまり、市販の歯磨き粉に含まれる研磨剤よりも、強力な成分ではありません。

副作用を伴う危険度の高い成分は一切使用されていませんので、妊婦や子供が使っても安心です。

安全性が高いホワイトニング歯磨き粉を求めている方には、パールクチュールが最適と言えるでしょう。

Copyright© パールクチュールと私 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.